FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆デフォルトのタイルセットをすこーしだけ加工して、マップの見栄えを良くする方法

アドベントカレンダー2017から来られた方もそうでない方もこんにちは。
はじめましての方、はじめまして。
RTBです。

今回は「デフォルトのタイルセットをすこーしだけ加工して、マップの見栄えを良くする方法」という、なんとも長ったらしいタイトルをテーマに語ります。

この記事は……

・デフォルトの素材を使って、マップの見栄えを良くしたい!
・一枚絵(遠景)を描くのは難しい、だけどエディタの機能だけで一枚絵(遠景)っぽいマップを作りたい!


そんな人におすすめです。


◆本題
今回のテーマはマップチップの「ずらし」です。
「ずらし」とはなんぞやを説明する前に、まずは下のマップを見てください。

画像0001

ごく普通の内装マップです。
でも、何か違います。何か、違和感を感じると思います。
その違和感が今回のテーマである「ずらし」の正体です。

先程のマップですが……、

左側は、タイルセットをそのまま使用して作ったマップ。
右側は、タイルセットに「ずらし」加工を入れて作ったマップ。


です。

頭に「?」ですね。はい、ごもっともです。
ちなみに、使用したのはコレです(内装の「D:」に入れました)。
単純にデフォルトのマップチップをコピペして、「ずらし」ただけのタイルセットです。

Inside_B_0001.png

「ははーん、なるほど」となった方、素晴らしい。
頭の「?」が取れない方、もう少しだけお付き合いください。

先程の「違和感」、その正体を見極めるためにマップの一部を抜粋して解説します。

画像0002

はい、大きくなりました。
ここで暖炉に注目してください(窓の位置もズレていますが、重要なのは暖炉です)。

よーく見ると左側の暖炉、接地面がありません(壁にめり込んでますね)。
図解するとこうです。

画像0003

横から見ると、こんな感じになります。

画像0004

ここで最初に見たマップをもう一度、見て見ましょう。
「ずらし」の箇所に色を付けてみました。

画像0005

ここまでくると、なんとなーくわかると思います。
ベッド、本棚、台所……その背後に謎の空間が生まれていますね。

これはデフォルトのタイルセットを使うと生まれる歪みです。
緑の線まで「ずらし」を行うことでこの歪みが消え、見栄えが良くなります。

ちなみにこの緑の線、自分はアイレベルと呼んでいます。
(俯瞰視点のマップにアイレベルというのも変な話しですが便宜上……)。

[アイレベル]
人が立った状態での目のあたりの高さ。住まいにおける視線の高さ、カメラを構える位置、遠近法や透視図法における消失点の高さなどを指す(コトバンクより引用)。

・作ったマップにあとひとつ、何か変化を付けたい。
・遠景マップ職人と自分のマップの違いってなんだろう?


と頭を悩ませている方は、アイレベルを意識してマップを作ってみるといいかもしれません。


◆まとめ
「ずらし」を使えばなんとなく見栄えが良くなることはわかった。
で、結局プレイヤーってそこ気にするの?
と思われる方……

ぶっちゃけRTBもそう思います。

ここまで書いておいてなんですが、プレイヤーのマップに対する加点具合はそこまで高くないと思ってます。
ですが綺麗なマップ、丁寧に作られたマップは加点こそされど、減点されることはほぼないでしょう。
力を入れてマップを作る、それを売りのひとつにする、というのは作品の個性になると思います。

もし、この記事を読んで「参考になった!」という方がいれば執筆した身としては嬉しいことですし、そんな方の創作の糧になればいいなと思います。

以上。


※追記
1)作業バランスは上手くやりくりしないとエターナるの原因になります。RTBはマップに工数かけ過ぎて何度も自滅しています……_(:3」∠)_)
2)マップって個性が出るんですよ、創り手の顔が見える部分なんですよ。
3)デフォルトのタイルセットを使ったマップは、歩ける場所が一目で判別できます。なので、作るゲームの性質によってはこの手のマップの描き方が裏目に出る場合があるので注意。
4)今回、書けませんでしたがこんな感じでタンスや棚の上を装飾してやると生活感が出ます (微調整が必要なモノもあります)。
画像0006
5)緑の線は"アイレベル"だと思ってます。でも、俯瞰視点のマップにアイレベルというのも変なので緑の線としてます。(本文追記)
6)凝ったマップを作ろうとすると指数関数的に作業時間マシマシです。ボブ・ロス先生よろしく「ね、簡単でしょ?」と言えないのです。現実はそんなに甘くありません……_(:3」∠)_
7)窓と調理器具の赤エリア、謎空間じゃないですね。単純な位置調整をしただけです。

■2017/12/22 加筆修正
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。